うつ病の治療法と対処法について考察して

Posted by admin - 12月 10th, 2011

うつ病の治療法と対処法について考察してみましょう。

うつ病患者の支援者や家族は、昼寝を強く責めすぎない事です。

昼寝ているのは今の当事者が何とか自分で程度を取得する為の苦お肉の策としての努力なのです。
自分では分かっていてもコントロールできない状況なのです。

また、不眠で悩む人は、夜が怖くなります。していると、その分昼に寝てしまいます。

うつ病患者の無意識は、眠れない事が字通り「死ぬほど」つらいのです。
悪夢等を見る時はとくにその傾向が強く表れます。

でも、これも他の人事の発想でのみです。夜眠れないのは、昼寝ている事の結論ではないのです。

周りの人々は、「昼間寝ているから夜眠れないんだ」と本人を責めるかもしれません。

医師の睡眠薬であっても眠れないとき等、何とか眠ろうとしてアルコールに手を出するのです。もし環境が許すのなら、寝かせてあげてください。

Comments are closed.

Blog Home