口臭原因は意外にも胃腸だったり舌の場合もあり対策が必要

Posted by admin - 6月 30th, 2012

口臭原因は意外にも、胃腸だったり舌の場合もあり、対策が必要です。

舌の奥のほうは、触れると嘔吐反射の起きやすい部分であってもあり、磨きにくい場所であってもあるので、舌苔がたまりやすくなります。

口臭原因になる舌苔は舌の後方部に付着している人がたくさん、その所以としては、舌の奥のほうには、くぼみ等がある為、舌苔がたまりやすくなるからです。

口臭 胃も盲点ですね。

透過電子顕微鏡で、舌苔を観察した画像を比べると、はがれ落ちた粘膜上皮と細菌があり、細菌が分裂して増殖する模様が認められます。

口臭 対策での舌苔の付着に関しては個人差があります。さまざまな基でが考えられますが、まずは、舌の形態です。

第二次世界大戦後の1965年頃まで、日本では都市の下水施設が整備されておらず、ほとんどの住宅では便所は汲み取り式で臭気がひどく、母屋とは別棟に配置されることが多かったそうです。

しかし、1965年以後には高度経済成長により都市のインフラストラクチャーが整備され、生活環境の向上に伴ってほとんどの便所が水洗の洋式トイレになり、昔のような便所独特の強烈な悪臭に遭遇しなくなったわけです。それによって、口臭などもクローズアップされるようになってきました。

しかし、トイレのにおいがまったく問題にならなくなったかというと、決してそうではないですね。トイレの配置、構造、換気方式、使用頻度などで、臭気問題は発生することがあります。

 

Comments are closed.

Blog Home