多汗症 治療にはいろいろありますがリスクが高いのは多汗症 手術

Posted by admin - 1月 12th, 2013

多汗症 治療にはいろいろありますが、リスクが高いのは多汗症 手術です。

最近、ボツリヌス毒素A(商品名ボトックス)を皮膚の下に注入する療法が注目されています。これも一時的に効果のある療法です。

多汗症 治療において、簡単に汗をおさえたいというのであれば、この「ボトックス」の注射も選択肢のひとつです。

ボツリヌス毒素が効くしくみは、ボツリヌス菌の神経毒の作用、つまり神経の末端に結合して、そこから分泌されるアセテルコリンの放出を阻むことで、筋肉の不随運動をおさえるというものです。

ただし、こういった多汗症 手術の類は、リスクをともないます。神経を麻痺させて作用を止めるわけですので、必要な汗も出なくなります。

それだけでなく、まったく別の部分から出る汗の量が多くなることがあるので怖いのです。

Comments are closed.

Blog Home