不動産投資は生命保険としての役割も果たす

Posted by admin - 4月 9th, 2011

不動産投資は生命保険としての役割を果たすだけでなく、いくつかの点で生命保険を上回る機能を持つ優秀な商品であると考えられる。

一家の主に万一のことがあった場合、その経済的な損失をカバーしてくれるのが生命保険ですが、不動産も生命保険と同じような役割を果たします。

1年でCF1000万円を可能にする【不動産投資ロケット戦略】

また、生命保険はインフレヘッジ性が低いというデメリットもあります。生命保険の一種である個人年金保険などは、年金の受給期間に被保険者が死亡した場合、その時点で年金がストップしてしまいます。

月々高額な保険料を支払ってきて、せっかく保険金を受け取れる年齢になったのに、すぐ亡くなってしまったら金銭的には大損です。

Comments are closed.

Blog Home