うつ病 接し方は医療関係者のチェックもしないといけないのかも

Posted by admin - 7月 23rd, 2012

うつ病 接し方は医療関係者のチェックもしないといけないのかもしれません。

うつ病 チェックに対するこだわりは、一般人よりむしろ医療関係者のほうが強く、看護師や医師に説明するときに、一苦労してしまうことがあるそうです。

また、「うつ病はうつ状態の重症のもの」という捉え方も、多くの人が陥りやすい誤解のひとつです。そんな人は、うつ病 接し方で「うつ病」と診断されただけでとても落ち込んでしまいます。

逆に、うつ状態と診断されたからといって、軽いわけではありません。特に自殺ということを考えると、うつ状態でも十分その危険性があるようなんです。

うつ病 症状もよく知っておきましょう。

うつ病の治療法と対処法について考察して

Posted by admin - 12月 10th, 2011

うつ病の治療法と対処法について考察してみましょう。

うつ病患者の支援者や家族は、昼寝を強く責めすぎない事です。

昼寝ているのは今の当事者が何とか自分で程度を取得する為の苦お肉の策としての努力なのです。
自分では分かっていてもコントロールできない状況なのです。

また、不眠で悩む人は、夜が怖くなります。していると、その分昼に寝てしまいます。

うつ病患者の無意識は、眠れない事が字通り「死ぬほど」つらいのです。
悪夢等を見る時はとくにその傾向が強く表れます。

でも、これも他の人事の発想でのみです。夜眠れないのは、昼寝ている事の結論ではないのです。

周りの人々は、「昼間寝ているから夜眠れないんだ」と本人を責めるかもしれません。

医師の睡眠薬であっても眠れないとき等、何とか眠ろうとしてアルコールに手を出するのです。もし環境が許すのなら、寝かせてあげてください。

高齢者のうつ病は認知症が始まっ たと勘違いされる

Posted by admin - 9月 26th, 2011

高齢者のうつ病は、見すごされがちです。認知症と初期症状がよく似ているので、認知症が始まったと勘違いされることがよくあるのです。

また、うつ病になると不活発になりますが、運動量の低下も、年をとったのだから当たり前と片付けられてしまいます。

とくにひとり暮らしの高齢者の場合、発見が遅れ、重症化しやすい傾向があります。

下園壮太の【うつ病改善プログラム】解説ホームページ

高齢になると、病気や老化により、脳に器質的な変化が生じやすくなります。また、配偶者や知人との死別、退職による地位の喪失、身体能力の低下など、さまざまな喪失体験があります。それらがストレスとなり、うつ病を招きます。

治療は、薬物療法を中心におこなわれます。ただ、高齢者は副作用が出やすいため、少量から始めるのが普通です。