アフィリエイトは複数のASPと提携するようにしましょう

Posted by admin - 7月 24th, 2011

アフィリエイトを始める人は、アフィリエイターとしてASPに申し込みます。通常はこの時に住所氏名や自分のブログ、ホームページのURLなどを記入する必要があります。

ですから、先にブログやホームページを作ってからASPに申し込みを行いましょう。ただ、最近は大手のASPは事前審査を無くす傾向にあります。

数多くのASPが存在します。新規参入したASPの場合、申し込み登録するだけで報酬が得られる場合もありますので、いろいろなASPを探してみましょう。

アフィリエイトツール【パーフェクトトレジャー】

アフィリエイターが提携できるのは、ひとつのASPだけではありません。複数のASPと提携するようにしましょう。それぞれのASPには特色があります。大手企業に強い、特定企業と独占契約をしている、物販系に強い、金融系に強いなど、特色を理解して組み合わせるとよいでしょう。

同じ企業が複数のASPに広告を依頼している場合もあります。この時、同じ企業の広告でも、ASPごとに報酬の差があることもあります。数多くのASPと提携することで、取り扱える広告の種類が増えますし、報酬を比較することもできます。

1つのASPとだけ契約するよりも、複数のASPと契約する方が比較できるので、アフィリエイターにとって有利です。 ASP側でも、アフィリエイターが他のASPと提携することを、認めていないわけではありません。

ASPの中には、途中で撤退してしまうところもあります。このため、複数のASPと契約しておくことは、リスク分散にもつながります。

ひきこもり者はやる気が足りないからではない

Posted by admin - 7月 22nd, 2011

臨床経験から言えば、ひきこもり状態はある日突然生じたものではなく、徐々に進展していくと考えていいです。

ひきこもり本人は、さまざまな理由で対社会的交流を忌避します。それは恐れ、過敏性、羞恥心、無関心、尊大さなどといった心性で表現されます。

その際、多くの家族は社会規範に照らし合わせて、この由々しき事態を打開しようとする。ひきこもる本人に対して叱咤激励すること、「やる気が足りないから頑張れ」「なぜ慟かない?」「この仕事はどうか?」などが良い例です。

家族のこのような対応が続けば、ひきこもり本人はひきこもる辛さを両親は理解していないと感じるようになるのです。

そして、このような持続的な相互交流のミスマッチはますます親子間の交流不全を増幅していくのです。そこでは、ひきこもり本人対家族、および家族の規範の元となる社会という対立的構図が展開されているのです。

やる気が出る方法

典型的ひきこもりのパターンでもっとも多いタイプは社会の規範が家族の考え方を支援している。

自責の念をもつ家族と家族への攻撃を繰り返す構図です。家族はひきこもり本人と社会の狭間で混乱することになるわけです。

また、ひきこもりを本人と家族が正当化しているパターンもあります。この場合、ひきこもり本人と家族が社会から遊離していることが多いです。

伊藤幸弘の【不登校・ひきこもり解決DVD】

子犬のしつけ社会化とは

Posted by admin - 7月 5th, 2011

子犬の飼い方しつけ育て方はとても重要です。

子犬に小さいうちから、いろいろな場所や物体、さまざまな年齢の子供を含めた、知らない人間たちに慣らしておくと多くの恐怖症を防ぐことができます。

こうした体験を通じて、子犬はいろいろな出来事や出会いは恐ろしいものではないということを学ぶことができるのです。これを社会化といいます。

責任感のあるブリーダーは子犬の社会化に心をくだいてくれますが、このプロセスは、子犬が成熟するまで引き続き行わなければなりません。